走ることは出産のようだ、全然違うけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

走り始めて約1か月のとりあえずのキロク

ハワイで走り始めて早1か月。ここのところは全然走れていない、週1回も走っていない。そんなへなちょこですが、できるだけ定期的に走っていきたいなと思い始めている。ので、ものすごおおおおおおく初心者の今の気持ちを一応残しておこう、と、思いついた。

1年後、ペーペーのくせにこんなこと言ってるわ・・・と、思うのか、この時から全然成長していないな私・・・と、思うかは、今の所もちろん全くわからない。

普段から走っている人にとっては何ら面白くないというかふざけるなといった話かと思いますが、初心者の記録なので大目に見ていただけますと幸いですほんとごめんなさい。(先に謝る)

ハワイでは海までの道をだいたい往復3キロ、4日間毎日走った。ワイマナロのきちんと舗装されていない道だったというのもあってか、というかまあ走るのなんて何年ぶりだろうというのも、3キロちょっとでゼイゼイハアハア言って全然走れなかった。いや、走ったのだけれど、その距離ですっかり疲れ果てていた。

毎日きれいな海まで走るのはなんだか楽しかったような記憶もあるのだけれど、それはハワイのきれいな海を見ながら走るというのはそりゃあ楽しかろう、という、過去を振り返ってなんとなく美化されている感覚のような気もしている。実際走ってる時はもっとしんどかったのかもしれない。

東京に戻ってから走ってみると、高低差は意外とあるものの、東京の道というのはやっぱりきれいなのですごく走りやすくて、一気に5キロまでは走れるようになった。それでもやっぱりしんどいものはしんどい。会話を楽しみながら軽やかにジョギング、とかよく言うけどあんなの絶対無理だ・・・と、何度も思う。でもなんとなく、ある程度距離を走ってみたいなあという感覚も生まれてきた。昔から、「早く」は苦手だけれど「長く」は結構得意だったような気がする、そういえば。いや、この時点でまだ5キロしか走ってませんけども・・・。

そして今日は、「10キロ走ろう」と、なんとなく決めてスタート。iPhoneせんぱいの「1キロ通過・・・」「2キロ通過・・・」を励みに走る。いやもう途中6キロ地点くらいが本当にしんどくて、なんでこんなことをしてるんだとか、なんでこの道上り坂なんだとか、そもそも私はなんで走り始めたんだとか、なんで10キロって決めたんだ別に5キロでいいじゃないかとか、そもそもこの靴もしかして走りづらいんじゃないのとか、だいたいこんなしんどいことをするとかあほなんじゃないかとか、まあもう色々な思いが巡る巡る。あほなのかな私うんあほなのだなと結論づける(※あくまでも個人的な見解です←よくあるテロップ)

※あくまでも個人的な見解です

なのだけれど、8キロすぎて9キロすぎて10キロが見えると、やっぱりうれしくなってきて、これはいけるなという感じがしてくる。ただし、5キロ走ってた時とは違って、ゴールが見えてくるからスピードアップ・・・とはいかず、物理的に足が結構痛くなっていて、機械的に交互に足を前に出すことしかできなくなっていたのでタイムはほぼ横ばいで上がらず。(ただ先週5キロ走った時から1キロ当たりのタイムは落ちてもいないのでそれはそれでよく頑張ったと自分で自分をほめてあげたい。と言ったのは誰やっけ。オリンピック選手やったっけ。)

これに関しては、初めて10キロ走ったからまあ足もびっくりしたのだろうとは思うけれど、とはいえたった10キロな訳で、世の中にはもっと長い距離を走る人もいるわけで、というか、実感として人間はきっともっと長い距離を走れるだろうという感じはあって、そうすると走り方とかももっと足に負担がないように気にした方がいいのかもしれないと思ったりした。これは課題。メモ。

そんなわけで、6キロ地点で「こんなランニングする人とかあほだ(※あくまでも個人的な見解です←よくあるテロップ)もう私は二度と走らない決して走らない」と思ったのもつかの間、走り終わったら「まあまたこれ続けていってもいいかもなそのうちハーフくらいなら挑戦してみてもいいんじゃないかな」とか思っている私はほんとうにあほなのだと思う。(※あくまでも以下略)

しかし、そういえばあれは上の子を生むときの陣痛の最中、「こんな痛いとかまじできいてないこんなんみんなやってきたとかどう考えてもおかしい正気の沙汰じゃないっていうかこれで二人目生もうと思うのとかほんとうにあほだどうかしている(※あくまでも以下略)」と、思ったくせに、生んでみたら「まあいいかもう一回くらいあっても」とか思ってしまう私はほんとうにあほだなと思ったけれどもそれと同じだな。いや、全然違うけど。

そういったわけで、人は忘れてゆくいきものですが、私はほんとうに昔から何もかもをほんとあっという間に忘れていく人でして(忘れ物もしょっちゅうでして)だから痛みもすぐに忘れてしまうらしく、だからきっとまた走るのだと思う。うん、あほだな。(もう断言)

そんなわけで、走り終わったらもう抜け殻のようになって足痛いわ眠いわだるいわでその後何も手につかなくなったけれど、でもまた走りたい、できれば10キロくらいはさらりと走れるようになりたい、と、思う。そんなさらりと走れるようになるとは到底思えないけれど。

1年後、10キロ走っただけでフルマラソン走ったみたいな顔してるよこの人、と、笑えるくらい、軽やかに走れるようになっていたい、なんかまたあほなんじゃないかと思いながらゼイゼイハアハア言ってそうな気もするけれど。

*ブログの感想、その他お問い合わせやご依頼などはこちらからお気軽にどうぞ!メールでお答えします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。