走ること

今日も走りながら考える

今日はギラギラ系じゃなくて微笑み系

ここのところ、タイムを速くしよう!という比較的ギラギラ系で走っていたのだけれど(なにそれ)まあ当然のことながらギラギラ系は全然自分に合わないので、今日の目標は景色を楽しみながらゆっくり走ること。いやいつものランニングコースなのだけれど。

キロ6分のペースを維持するようにして、あまりにペースが遅くなるようならそこはちょっと頑張って意識して上げるようにして、だいたい同じペースを維持。(ペースを途中で落とすと逆にしんどくなってしまう、私の場合)

特に前半の速くなりがちなところでは、意識的にペースと落として、とにかく同じペースを維持。という感じで、なんだかんだで16キロを走った。タイムはちょうどキロ6分の1時間36分4秒(目標より4秒遅かったけど)。

「景色を意識しよう」としたら、いつものコースなのに、川の水面に映る光のきらきらがやけに美しく見えたり、遠くに東京タワーが見えることに気づいたり、何なら自分のマンションすら綺麗に見えた。何だ、なんか変なホルモンが出てるのだろうか。

走り始めた頃は、何がどう転んでも、どれだけタイムが遅くても、しんどいものはしんどかった。何が何でもしんどかった。よくランニングのサイトや本を見ていると、「話しながら走れるペースで」とか書いてあるのだけれど、そんなもんどんなペースでも無理じゃわいあほなのかかく!と、思っていた。走りながら話すとかまじでむりむりむり、と、思っていた。

けど今日自分の目安として、走りながら話すは無理だけれど微笑むことはできるペースにしよう、と思い、たまに微笑みながら走った。もちろん一人である。隣には誰もいない。ホラーである。

ホラーだけれど、これで16キロを走りきれた。12キロ超えたあたりからさすがに結構しんどかったけれど、16キロ時点でも「まだ走れるな」という余力が、ほんの少し、残っていた。(もちろん微笑んだ。)

物事が続くのは、達成感だけじゃないのかも

やっぱりなにごとも、しんどいだけでは続かなくて、そしてきっと、「達成感」だけでも続かなくて、こういう、走りながら見える景色がやけにきれいに見えることとか、なんか自分、生きてるだけで儲けもんじゃない?と達観(というか楽観)できることとか、なんかそういう瞬間があるから、けっこうしんどいことも続けていけるのかもしれない。

たぶん仕事も同じで、私はいつも「どうせやるなら楽しく」という心持ちでやってきたけれど、そんなこと言ってもしんどいことも山ほどあるわけで、こつこつ地味な作業を積み重ねていかなくちゃいけないこととか、ハードな交渉に巻き込まれるとか(私は逃げるけど。)、確定申告とか、そういうそもそも楽しくないことだってもちろんある。

けどそういうしんどいことを抱えながらも続けていけるのは、仕事の「達成感」だけじゃなくて、隣にいる人が意外といいやつだなと気付いた瞬間とか、同僚としょーもない話で爆笑した時間とか、通勤中に出会うサラリーマンがかっこいいとか、なんかそういうささやかなことが、活力になっているのかもしれない。

そういう、日々の、普通の毎日の、ささやかな喜びというのは、実はすごく大事なのかもしれないなあ。その積み重ねが、もしかしたら人の幸せを作っているのかもしれないなあ。と、なんかそんなことを思った。走りながら一人で微笑みながら。

相当ホラーである。

「不健全な魂もまた、健全な肉体を必要としている」

毎日走っていたら、気温が少しずつ下がっていくことも(でもまだ半袖で走れる)、木々が色づき始めることにも、日々の細やかな変化に気づくことができる。通勤で歩くだけじゃ、会社に急いで向かう時間だけじゃ、なかなか気づけなかった季節の変化だなあと思う。だから私は、一人で微笑む。ホラーである。

村上春樹は、名著『走ることについて語るときに僕の語ること』に、こう書いている。

真に不健康なものを扱うためには、人はできるだけ健康でなくてはならない。それが僕のテーゼである。つまり不健全な魂もまた、健全な肉体を必要としているわけだ。

これ名言だわ、と、思う。

健全な魂が健全な肉体に宿ることは感覚的によくわかるけれども、不健全な魂に向き合う時にも、健全な肉体は必要になる。

悪しきものは、自分が思うよりもずっと簡単に、自分の身体や魂を蝕んでしまう。だから私はできる限りそういうものからは物理的距離を置くようにしているわけですが(めんどくさいことからもすぐに距離を置く)、必要な「悪しきもの」というのは何かを作り出す時には必要になってくるわけで、いつかそれにも向き合えるような健全さを身につけられるといいなと思う。

それは、強さというより、健全さだ。

↓ものすごく面白いです。何度も読み返してボロボロになっている。カバーもどっかいった。走らないときに読んでも面白かったけど、走るようになってから読んだらさらに面白い。

*感想、お問い合わせ、その他編集・ライティング・SNSプランニングなど「書く」「伝える」お仕事のご依頼はこちらから。メールでお答えします。

初心者ランニングウェアでこだわるところ

ジェームスパースのTシャツとシークレットクローゼットのコットンパンツで走っていたけれども

いいかげんちゃんとした服装で走ろうではないか、と、走り始めて半年くらいたった時にようやく決意した。それまではいつまで続くかわからないし、だいたいめっちゃへなちょこタイムのくせに、ウェアだけちゃんとしてるのは恥ずかしい、と、思っていたのです。普段はなんでも物欲から入るくせに、こういうところは慎重というかなんというかなのです。

でもこれだけ定期的に走っているのだからもういいじゃないか、と、ちょっとしたごほうびの気持ちでランウェアを買いに行った。木更津アウトレットに。(セール以外のものを買う気にはまだなれない)

ちなみにそれまで私が何を着て走っていたかというと、ジェームスパースのTシャツと、数年前に買ったシークレットクローゼットのコットンパンツ。ある意味ぜいたくっちゃぜいたくだけれど、走りづらいことこの上ない。今思えば。

とりあえずランニングといえばなんとなくナイキだろうということ(初心者)でナイキに行き、ノースリーブのトップス、ブラ、ショートパンツ、スパッツ、くつした(それすらなかった)、シューズを購入。あと、これ買い忘れてたわ、と、後日アディダスショップへ行き、セールになっていた(何がなんでもセール)アディダスステラのキャップも。

誰がこのちょう個人的ランニングウェア事情に興味があるのだ・・・

いやここまで書きながら、誰が私のランニングウェア事情に興味があるんだという声がすぐそばで聞こえる気がするのですがそもそもそんなこと言っていたらこのブログなんて誰がなんの興味があるんだという話なので恥を忍んで続けますはい。

それまではニューエラのキャップをかぶって走っていたのだけれど(信じられない)スポーツ用のキャップってすごいのね、めっちゃ軽いし気にならない。これは絶対買った方が良いです。「買った方がいいもの」ってそこかよ、という気がしますが、そこです。

しかもこのキャップ、洗濯できる。いや、できるのかは知らんが私は構わずしている。特に困ったこともない。

これ、洗濯できるということはどういうことかというと、濡れても大丈夫ということなんですね。で、私ときたら、夏に屋外のプールで泳ぐときも使っています。スイミングキャップ代わりに。日よけにもなって一石二鳥。最高だわ、アディダスステラのキャップ。

やっぱり専用のウェアというものには理由があるようで、やっぱりちゃんとしたウェアというのは走りやすいのですね。まあ気分の問題のような気もするけれども。なんと言っても一番感動したのはアディダスステラのキャップなので。

ナイキの高級スパッツに手を出す

でもって会社を辞めてからは毎日走るようになったので、ウェアがひと組では足りない。と、言うわけで、もう一揃えすることにします、今度は御殿場のアウトレットで。(あくまでもアウトレット)

昔、御殿場アウトレットのアディダスにはステラアディダスの扱いがあったと思うのだけれど、これがなくなっていて残念でした。ここで買おうと思っていたのに。(あくまでもアウトレット)

そういったわけで結局またナイキにいったんですけど、スパッツを見ていたら、ナイキのおねーさんが、ランニング用ですか?それならスパッツはこれ一択です。と、勧めてくれたスパッツ。

じゃあそれにしよーと値札をみたらなんと。約1万円。いやなんの変哲もない(ように見える)黒いスパッツがですよ。1万円って。なんと高級。

なんといってもへなちょこ初心者の分際で、これに1万円を出すのはどーなのか。。。だって、最初に上から下までそろえたときもトータルで2万円弱だったのですよたしか。それをスパッツ一枚で1万円。。。

オットに、1万円のスパッツ勧められたわさすがに初心者には高いわ。。と、言ったところ、基本けちんぼ(失礼)のオットが、「いやいやスパッツとはそれくらいするもんだよ!そこはこだわった方がいいよ!」と珍しいことを言う。え、まじで、じゃあ試着してみようかな。。。と調子に乗るツマ。

ちなみにオットはランニングをするわけでは、まったく、ない。ただのスポーツウェアおたくである。なぜかスポーツウェアをいっぱい持っている。あのジャージかっこいい!と思っていた高校生くらいで感性がとまっているのだろうね。。。

試着してみたら、また別のおねーさんも出てきて二人がかりで「ぜったいこれです。特に長距離走るならこれ以外ありえないです。ぜったい。」と、熱弁される。そんなこと言われたら致し方ない、だまされたと思って買うわ!と、購入しました高級スパッツ。(アウトレットやけど。)

ちなみにこれです。(amazonにあった。便利な時代だ。)

 

これがめっちゃいいのです。着圧がすごくて例えるならばあのメディキュットみたいにきゅっとひきしまるのですが、これのおかげで走っていても疲れにくい、気がする。

いや、しんどいものはしんどいのです、走るのって。どれだけウェアをちゃんとしたところで、しんどいものはしんどいし、急激にタイムが伸びるということも全くない。魔法の一手のようなものが、一切ない、走ることって。ただコツコツやるしかない。

ただ、なんとなくこう、姿勢が崩れないという感じがある。ちゃんとしたスパッツ履いていると。気分の問題かもしれないけれど。

なので、10キロ以上走るときはこのスパッツを履くようにしています。5キロくらいだと安いもので全然大丈夫だけれど、10キロ以上だと良いスパッツの方がなんとなく気分が楽。

そんなわけでスパッツとキャップが大事だったという話

ちなみに「ランニングは全くしないけれどもスポーツウェアおたく」であるところのオット曰くおすすめのスパッツはこれだそうです。これもamazonにあった。

ほ、欲しい・・・

そんなわけで、これからウェアを揃えようという方がいらっしゃいましたら、キャップとスパッツ!に、こだわると良いかと思います。いやもんのすごい独断と偏見すぎて全く参考にならない気がしますが・・。(靴とかじゃないんや、っていう。)あとはやっぱり、気分のあがるものが良いですね。道具ってやっぱり大切だ。(結局そうなる。)

*感想、お問い合わせ、その他編集・ライティング・SNSプランニングなど「書く」「伝える」お仕事のご依頼はこちらから。メールでお答えします。

ランニングに必要なたった一つのもの

 

 

 

またブログっぽいタイトルを書いてしまった。

走ってます、まだ。信じられないことに。

1月のハワイで走り始めた2017年もなんと11月。何をしても続かない私が。まだ。走っています。アンビリーバボー。

特に9月に会社を辞めてから、通勤というものがなくなったため、そして時間が有り余るほどあるため、平日はほぼ走っている。アンビリーバボー。そして10月、月の走行距離の目標を160キロにしたのだけれど、そうするとあまりに急激に走る距離が増えたせいか、後半足首を痛め、元駅伝選手の友達に「しばらく走るの休みなさい」と言われて走れなくなり、あえなく142キロで終えてしまった。こういう、「故障した経験」含め、もはやアスリートと呼んでもらいたい。ちなみにタイムはすこぶる遅い。

前に書いたこの記事を読みながら、むふむふかわいいやつめ・・・と、思っている怪しいのが私です。かわいいもんだ、こんなの。

10月半ばに、初めてクオーターマラソンというものに出場した。そう、とうとうレースにも出たのだ。もう、これはアスリートと呼んでもらいたい。ちなみにタイムはすこぶる遅い。

基本的に「一人でできる」スポーツであることと、ボールなどの道具を使わないスポーツであることが、ランニングが続く一番の理由でありたぶん私はそれ以外のスポーツは絶対にできないわけだけれど、だからして基本的にランニングなんて私の中で自己満足の世界なのだけれど、それだというのにレースに出たということはつまり、「何かに勝ちたい」という気持ちが湧いてきているということです。

そして「何か」というのはつまり、「過去の自分のタイム」です。もはやアスリートと呼んでもらいたい。

なんとなく、身体にも良いだろうと思って走り始めたわけだけれども、走るとどうしても、「もっと速く」「もっと長く」走りたくなってくる。私にはそういう、タイムを気にする、とか、なんともスポーツっぽい思考とは無縁だと思っていたのだけれど、10キロを60分をなんとか切りたい、というところから始まり、10キロ55分でなんとか、とさらに目標を高め、達成した今度は調子が良ければなんとか50分で・・・!と、思っているのが今日の私。(今の自分的にはかなり厳しいけど。)そして1年後くらいにはフルマラソンに挑戦したい・・と、心のどこかで思ってしまっているのが今の私。

でもやっぱりそういうちょっとした目標があると走っていてメリハリが出てくる。そして、結局そういう、速く走りたいとか、長く走りたいと思うようになると、もうちょっと姿勢良く走ろうとか、普段から筋トレして体幹鍛えておこうとか、足に変なストレスをかけないようにしようとか、色々気を配るようになる。もはやアスリートと呼んでもらいたい。ちなみにタイムはすこぶる遅い。

タイムを速めるために必要だったものそれは。

で。

私がもはやアスリートとして目標なんてものをいっちょまえに持ち始めた時、このタイムを速くする、という目標を達成するために一番役に立ったものは何か。それは、体力でもなく気力でもなく筋力でもなく。

アップルウォッチである。

もう。これは。走る人は今すぐに買ったほうがいい。

10キロ60分がどうしても切れなくて、なぜにこんなに遅いかなと思ってiPhoneのnikeアプリでラップタイムを見ていたところ、6〜7キロあたりでタイムがすこぶる落ちていた。

それを元駅伝選手の友達(勝手にコーチと呼んでいる)に見せたところ、これはしんどいわ。1キロ目をもっと落としていいから、ラップタイム安定させてみて。と、言われ、その足で銀座にアップルウォッチを買いに行った。ほんとにその足で。いつかほしーなーと、思っていたけれど、ランニングのタイムを伸ばすためという理由ができたならそれは今だ。今すぐだ。もはやアスリートと呼んでもらいたい。

ラップタイムを計るためならもちろん別にApple Watchでなくてもいいんやけど、洋服に合わせてもかわいいというところが確保されるならそれはもう私にとって迷うところは一切ない。Apple Watch一択。

いちいちポケットからiPhoneを出さなくても、腕を見ればすぐ、その時点でのタイムがわかる。その時点でのスピードを、キロあたりで計算して表示してくれる。ついでに言うと、そのまま帰りにコンビニでApple Watchをぴっとかざせば、デカビタCも買って帰れる。なぜかここのところデカビタCがやたらおいしい。アスリートだ。

目標のタイムをちょっとでも下回ると、その時点ですぐにちょっとスピードを立て直せる。細かくタイムを確認して調整することで、結局10キロ続けてタイムが安定して、あっという間に目標のタイムで走れるようになった。

そして、かーーーーなーーーーりーーーーー疲れづらくなった。いや、しんどいものはしんどいのだけれど、少なくともこの記事を書いた時みたいに、世の中全てにだんだん腹が立ってくるくらいしんどくてしんどくて死にそうだ、というレベルではなくなった。6〜7キロあたりでバテることもなくなった。

それまでは、走り始めの1キロ時点でのタイムが一番速くて、どんどん遅くなってくる、という感じだったのだけれど、それだと1〜2キロ時点がほんっっっとにしんどくてもうその時点で世界が敵になる。

けれど、1キロ目はとにかくタイムを抑えて、1キロあたりのスピードを、目標よりも5〜10秒くらい抑えて走る。で、だんだん、タイムを速めて行って、5〜6キロあたりからは目標より少し速めのタイムをを維持、最後9キロからさらに速めて走る、みたいな感じだと少なくとも1〜2キロ時点で世界を敵に回すことはなくなる。たぶん。

とにかく私は、最初に飛ばしすぎないことと、ラップタイムを安定させることで10キロを走るのがものすごく楽になった。いや、しんどいけど。しんどいものはしんどいんやけど。

で、調子に乗ってこないだ20キロを走ってみたら、これがもうしんどいのなんのってもうまた世界が敵になった。やはり10キロと20キロは違う。人生は甘くない。

しばらくは、ハーフマラソンを安定したラップタイムで走れるようになるべくまた練習したい所存です。ほんと、もはやアスリートと呼んでもらいたい。

確定申告はこわいけど。

走ることは出産のようだ、全然違うけど。

走り始めて約1か月のとりあえずのキロク

ハワイで走り始めて早1か月。ここのところは全然走れていない、週1回も走っていない。そんなへなちょこですが、できるだけ定期的に走っていきたいなと思い始めている。ので、ものすごおおおおおおく初心者の今の気持ちを一応残しておこう、と、思いついた。

1年後、ペーペーのくせにこんなこと言ってるわ・・・と、思うのか、この時から全然成長していないな私・・・と、思うかは、今の所もちろん全くわからない。

普段から走っている人にとっては何ら面白くないというかふざけるなといった話かと思いますが、初心者の記録なので大目に見ていただけますと幸いですほんとごめんなさい。(先に謝る)

ハワイでは海までの道をだいたい往復3キロ、4日間毎日走った。ワイマナロのきちんと舗装されていない道だったというのもあってか、というかまあ走るのなんて何年ぶりだろうというのも、3キロちょっとでゼイゼイハアハア言って全然走れなかった。いや、走ったのだけれど、その距離ですっかり疲れ果てていた。

毎日きれいな海まで走るのはなんだか楽しかったような記憶もあるのだけれど、それはハワイのきれいな海を見ながら走るというのはそりゃあ楽しかろう、という、過去を振り返ってなんとなく美化されている感覚のような気もしている。実際走ってる時はもっとしんどかったのかもしれない。

東京に戻ってから走ってみると、高低差は意外とあるものの、東京の道というのはやっぱりきれいなのですごく走りやすくて、一気に5キロまでは走れるようになった。それでもやっぱりしんどいものはしんどい。会話を楽しみながら軽やかにジョギング、とかよく言うけどあんなの絶対無理だ・・・と、何度も思う。でもなんとなく、ある程度距離を走ってみたいなあという感覚も生まれてきた。昔から、「早く」は苦手だけれど「長く」は結構得意だったような気がする、そういえば。いや、この時点でまだ5キロしか走ってませんけども・・・。

そして今日は、「10キロ走ろう」と、なんとなく決めてスタート。iPhoneせんぱいの「1キロ通過・・・」「2キロ通過・・・」を励みに走る。いやもう途中6キロ地点くらいが本当にしんどくて、なんでこんなことをしてるんだとか、なんでこの道上り坂なんだとか、そもそも私はなんで走り始めたんだとか、なんで10キロって決めたんだ別に5キロでいいじゃないかとか、そもそもこの靴もしかして走りづらいんじゃないのとか、だいたいこんなしんどいことをするとかあほなんじゃないかとか、まあもう色々な思いが巡る巡る。あほなのかな私うんあほなのだなと結論づける(※あくまでも個人的な見解です←よくあるテロップ)

※あくまでも個人的な見解です

なのだけれど、8キロすぎて9キロすぎて10キロが見えると、やっぱりうれしくなってきて、これはいけるなという感じがしてくる。ただし、5キロ走ってた時とは違って、ゴールが見えてくるからスピードアップ・・・とはいかず、物理的に足が結構痛くなっていて、機械的に交互に足を前に出すことしかできなくなっていたのでタイムはほぼ横ばいで上がらず。(ただ先週5キロ走った時から1キロ当たりのタイムは落ちてもいないのでそれはそれでよく頑張ったと自分で自分をほめてあげたい。と言ったのは誰やっけ。オリンピック選手やったっけ。)

これに関しては、初めて10キロ走ったからまあ足もびっくりしたのだろうとは思うけれど、とはいえたった10キロな訳で、世の中にはもっと長い距離を走る人もいるわけで、というか、実感として人間はきっともっと長い距離を走れるだろうという感じはあって、そうすると走り方とかももっと足に負担がないように気にした方がいいのかもしれないと思ったりした。これは課題。メモ。

そんなわけで、6キロ地点で「こんなランニングする人とかあほだ(※あくまでも個人的な見解です←よくあるテロップ)もう私は二度と走らない決して走らない」と思ったのもつかの間、走り終わったら「まあまたこれ続けていってもいいかもなそのうちハーフくらいなら挑戦してみてもいいんじゃないかな」とか思っている私はほんとうにあほなのだと思う。(※あくまでも以下略)

しかし、そういえばあれは上の子を生むときの陣痛の最中、「こんな痛いとかまじできいてないこんなんみんなやってきたとかどう考えてもおかしい正気の沙汰じゃないっていうかこれで二人目生もうと思うのとかほんとうにあほだどうかしている(※あくまでも以下略)」と、思ったくせに、生んでみたら「まあいいかもう一回くらいあっても」とか思ってしまう私はほんとうにあほだなと思ったけれどもそれと同じだな。いや、全然違うけど。

そういったわけで、人は忘れてゆくいきものですが、私はほんとうに昔から何もかもをほんとあっという間に忘れていく人でして(忘れ物もしょっちゅうでして)だから痛みもすぐに忘れてしまうらしく、だからきっとまた走るのだと思う。うん、あほだな。(もう断言)

そんなわけで、走り終わったらもう抜け殻のようになって足痛いわ眠いわだるいわでその後何も手につかなくなったけれど、でもまた走りたい、できれば10キロくらいはさらりと走れるようになりたい、と、思う。そんなさらりと走れるようになるとは到底思えないけれど。

1年後、10キロ走っただけでフルマラソン走ったみたいな顔してるよこの人、と、笑えるくらい、軽やかに走れるようになっていたい、なんかまたあほなんじゃないかと思いながらゼイゼイハアハア言ってそうな気もするけれど。

*ブログの感想、その他お問い合わせやご依頼などはこちらからお気軽にどうぞ!メールでお答えします。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。