ランリュックを知っていますか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クリームブリュレが好きすぎる。

どうしても書きたいランリュックのこと

できるだけ毎日書きたいなあと思いながらもちろん毎日は難しいわけですが、それでも書きたいなあと思ってメモしていることはいくつかあって、それだというのにそれらを全てすっ飛ばして真っ先に記しておきたくなったこちら。まずはこちらの記事を御覧ください。

あいつらがまた変なものを作ったようだ。宇治市観光PR動画っ!

そしてリンクにある動画を御覧ください。笑った、笑ってしまった、笑いすぎた、そうランリュックのくだり。

知ってますかランリュック。京都府南部出身の方ならご存知かと思いますが黄色いアレです、ランリュック。

昨今のランドセル事情ときたら本当にすさまじく、未就学児ならびに小学生を持つ親御さん以外の方にはにわかに信じられないかと思いますが、希望のランドセルを買うために2時間も3時間も並ぶのがザラ、というもんのすごい状況が、この前の6月頃話題になりました。(そうです、6月に買うんです、ランドセルを。年長の6月に。)

我が家も堂々とその騒動に巻き込まれ、いや2時間も3時間も並んではいませんが、とりあえず生まれて初めて開店と同時に百貨店に駆け込みました。HYKEのトレンチ買うときだってそんなことしてない。いやいまだかつてお店の開店に並んだことなど一度もない。そう、その初めてが、「ランドセルを買う」だったのである。これはすごい、すごいことだ。

いやランドセルを買うのにそんなに必死になるのもどうなのかと思いつつ、まあでもついついこだわりたくもなりつつ、まあやっぱりせっかくなら気に入ったやつが欲しいよなとも思い、しっかりランドセル商戦に巻き込まれたわけですが、その時に私は思ったのです。

てゆーかランリュックでいいやん。

そう、これです。ランリュック。この黄色と黒のコントラスト、堂々と光る校章、ついでに真ん中向かって右くらいにあるコアラかライオンかネコか何かわからへんけどとにかくこの丸いアイコン。これぞランリュック。

ランドセルよりランリュックが良い10の理由。うそです10もない。

開店と同時に百貨店に駆け込んで買っておいてなんですが、そもそも重い、ランドセルというものは。あれを背負って、しかも教科書とか荷物をいっぱい入れて、毎日通うなんて。信じられない。いや買っておいてなんですが。

しかも、高い。ランドセル。母さんのえらくいい靴一足買える。

その点、ランリュックは完璧である。軽い。荷物めっちゃ入る。そして安い。多分数千円。

もちろん、これを買うために商店街の洋品店に2時間も3時間も並ぶ必要はなく、開店と同時に駆け込む必要もなく、ただおばちゃんに「あーあんたんとこももう小学生なるんか。早いなあ。あんなちっちゃかったのになあ。」と言われながら数千円を払うだけである。いい。これでいい。

もちろん、入学式の写真は、おめかししたワンピースにこの黄色いランリュックを背負って桜の木の下でちょっと恥ずかしそうに立つのである。いい。それでいい。

いやほんともう、完璧である。ランリュックというのは。

私は子供の頃、ランドセルというのはなんかこうテレビの中とか遠い世界の話で、小学生というのは普通はみんなランリュックを背負うものだろうと思っていた。だいたい革の鞄を小学校に持っていくなんてありえないと思っていた。あと「中学生日記」で学校の帰りにマクド(らしきハンバーガーショップ)に寄り道するのとかもおとぎ話くらいの勢いに思っていた(学校から家までの間にマクドなんてなかった。)

それが全てだと思っていて、でも一方で、やっぱり都会のもの(ランドセルとかマクドとか)に憧れる気持ちも少しずつ出てきて、それはきっと、いつしか上京しよう、という決意につながっていったような気も、しなくもない。

と、思うとやはり今の自分はランリュックが育ててくれたと言っても過言ではない。やはりランリュックは偉大だ。小学生はみんなランリュックから始めるといいと思う。問題はやや、ほんの少しだけ、いやほんと、ちょびっとだけですけど、ださい、ということその一点です。

今もあるのかなランリュック。

という、どうしても何を差し置いても記しておきたかったとても大切なランリュックのお話。

*ブログの感想、その他お問い合わせやご依頼などはこちらからお気軽にどうぞ!メールでお答えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*