うれしいとスキップをするアラフォー(アラウンド4歳)から学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

やっと週末らららーと、言いたいところですが、卒園前の3月は週末も何かとバタバタ・・・

「絵に描いたような瞬間」によく出くわす

最近、むすめ(4月で4歳、つまりアラフォー)が、うれしいことがあるとスキップをする。

うれしいことというのはつまり、「今日の晩御飯は(母さんが疲れているので)サイゼリヤにしよう!」と言った時とか「おやつ一個ローソンで選んでいいよ。」と言った時とか「今日のお迎えちょっと早いよ(10分くらい・・・)」と言った時、ということである。

なにもシャネルのバッグを買ってあげるよとか宝くじ当たったよとか4月から君は部長だよとかそういうことを言われた時ではない。

しかしむすめは、大人から見ればえらくささやかであろう喜びを、本当に絵に描いたように、スキップに込めて全身で表してくれる。これを見ていて大人である私はつい笑ってしまう。だってうれしくてスキップする、なんて、まずもうしないから。漫画みたいだなと思って笑ってしまう。人はうれしいとスキップをするのか。と、改めて思う。なんだかちょっと滑稽で、そしてとてつもなくかわいい、うれしくて思わずスキップをする姿。

子どもたちを見ていると、こういう「絵に描いたような瞬間」というのに結構よく出くわす。「ティッシュペーパーを一枚ずつ全部出すいたずら」とか、よく見かけるけど我が子がそんなことをするなんてなぜか全く思っていなくて、ほんとにやった時は「これまじでやるの!!」と、妙に感動した。ほんとうに赤子はティッシュを一枚ずつ全部出すのか・・・!と。そしてその状況って、何かで絶対見たことがあったはずなのに、目の前で我が子がするとあほみたいにかわいい、なんでだろうか。

コントみたいにベタな面白さと、ベタなしあわせ。

たぶんなんだって、「ちょっとコントみたいな日常」というのは、なんだかおかしくてかわいいものなのかもしれない。昔、みんなで飲んでる時に、先輩が酔っ払って椅子に座ったまま寝落ちっていたのだけれど、なんかのはずみで笑った瞬間に椅子から落ちてそれがベタベタなコントみたいでおかしくてお腹がよじれるくらいにみんなで笑った。と、今書いていて思ったけれどこれは別に文字にすると何一つ面白くない。びっくりするくらいに面白くない。ゆえにこれは単にみんな酔っ払ってたから面白かっただけかもしれない。こういうときこの面白さは世界共通だきっとあの人だって笑うに違いないとか思っておそらく仕事中であろう同僚とかに電話とかしちゃったりとかしがちですけどほんとこれ最悪ですよね酔っ払ってる人の「面白い基準」ほどひどいものはないですよねほんとすみません反省します。

それは反省しますが、例えば吉本新喜劇ではみんなが椅子から転げ落ちるのがお決まりですが(最近見てないなあ吉本新喜劇・・・見たい・・・)それはやっぱりベタすぎるけれどもやっぱりおもしろい。初めて生で吉本新喜劇を見たときは、「本当に転げ落ちるのか!」と、これまた感動した。

なんだっけ、椅子から転げ落ちる話やっけ。椅子から転げ落ちた先輩は実は「仕事は楽しい方がいいでしょ」という名言を残した先輩と同一人物でこの人はやはりすごいという話やっけ。

いや、そうではなくて、ベタベタなコントとか漫画みたいなことが目の前で起こった時っていうのは、なんだか面白い。そしてなんかキュートで和む。やっぱりコントみたいに椅子から転げ落ちる人が目の前に表れるとものすごくおもろいのである。コントかよ!と、いうツッコミができる時ほど、日常でおもしろい瞬間はない。と、私は思う。というか、私はその瞬間がものすごく好きなのだ、きっと。

そしてふつーに過ごしていても、そういう瞬間というのは、実は結構たくさんある。何も椅子から転げ落ちなくても、その辺に山ほど転がっている。道端にうそみたいにバナナの皮が落ちていたりする。いやほんとに。

そして同時に、ベタベタなしあわせっぽい瞬間というのも、結構たくさんある。子どもが手をぎゅっとつないでくれたとか、「ママだーいすき!」って言ってくれたりとか「ママの作るちらし寿司がいちばんおいしい!」って言ってくれたりとか。いやこうして文字にするとベタすぎてうそっぽさまで出るけれども、子どもってほんとに、そういうベタベタで信じられないくらいストレートで、でもほんとに素直でうれしいことを、いとも簡単に表現してくれる。

なんというか、日常っていうのは、それくらいのテンションでいいなあと思う。何も奇をてらうことはなくて、ふつーのことが、とてもおかしくて、かわいくて、しあわせなのである。

SNSにあふれる「ステキな生活」に憧れるのも良い。それを目指すのだって良い。でも真四角に切り取られたその写真は、もちろんとてもとても長い一日の、そして人生の、ほんの一瞬の切り取りに過ぎない。それを、忘れちゃいけないなあと思う。その真四角の写真には切り取られていない、たくさんのふつーーーーーの、でもつい笑っちゃうような、すてきな瞬間が、人生には山ほどあるのだ。

うれしいことがあればスキップしちゃうような、それくらいの軽やかな気持ちで、毎日を過ごしてゆけるといいなと思う。うれしくてスキップする、というのは、SNSもインターネットもなかった時からきっと存在した世界共通の「ベタベタな行動」なのだから。

*ブログの感想、その他お問い合わせやご依頼などはこちらからお気軽にどうぞ!メールでお答えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*