子育て

息子の修了式を終えて

何から書いて良いものやら。3月吉日、息子の保育園の修了式でした。今の園では3年間。前の園も合わせると6年間の園生活。泣ける。本当に泣ける。

保育園も自分で「選ぶ」こと。

私にとって、初めての子供である息子。当たり前なのだけれど、喜びも戸惑いも何もかもの初めてを、教えてくれた子供です。

保育園に預けるということに関して、6年前の私は、もう本当にものすごくものすごく戸惑いがあった。不安も、これでいいのだろうかという迷いも、山ほどあった。産休前、本当に仕事がしんどかったこともあって、私の仕事はこの小さな子を預けてまで続けてゆく仕事なのだろうか、そんな価値があるんだろうか、と、悩んだ。誰に「保育園はいいよ!お母さんの味方だよ!」と言われても、「子供はすぐに環境に慣れるよ!」と言われても、全く気持ちは落ち着かなかった。誰がなんといっても私は、目の前の息子とまだ一緒にいたい、そう思っていたのだと思う。

5月生まれの息子と、1歳を過ぎるまではどうしても一緒にいたくて、0歳での入園を見送った。だいたい0歳児のクラスに4月で入園する、というのが通例だったのだけれど、そのタイミングじゃないと保育園に入れない!という状況の、なんというか不自然さも納得できなくて、(だって生まれ月によって預ける月齢や預けやすさが変わってくるなんてどう考えてもおかしい。)納得できないことに関してはすぐ意固地になってしまう私はどうしても4月に預けられなかった。周りの友達がみんな4月に入園して、職場復帰してゆく中、そういえばなんかちょっと寂しくて不安だったなあ、今思い出した。(そう、私はなんでもすぐに忘れる。)

その後運良く、「そろそろ預けて良い頃かな」と自分で思えた頃に、近くの保育園に空きが出て、入れることになった。(それでも不安だらけだったけれど。)そして最初に出会ったその小さな小さな園が、もう素晴らしい園で、「保育園」というものの印象がここで大きく変わったのだと思う。だからみんな「保育園っていいところだよ!」って口を揃えて言ってくれてたというのに、私というのは本当に何事も、自分で経験しないと納得できない性格なんだろうな全く。

最初の園は2歳までの小規模園だったので、その後今の園に転園したわけですが。この時も、「納得できないことには意固地になる」私は、いくつか園を見学して、ここがいいな、と思える園が少ししかなくて、結局希望を数園しか出さなかった。いや本当、このご時世入れなかったらどうするんだという話ですが、でも、やっぱり、何も私立のお受験幼稚園に入りたいと言っているわけでも、国立の難関幼稚園(なんてものが存在するかはわからへんけど・・・)に入りたいと言っているわけでもなくて、近所の、いいな、と思った認可の保育園を希望しているだけなのに、それが選べないどころか、どこにも入れません。と言われる状況というのは、やっぱりおかしい。と、思ったのです。

だから、希望をたくさん書ける欄に、数園しか書かなかったのは、私なりのなんというか現状への抵抗でした。世の中の状況的にはありえないけれど、でも普通に考えれば、ごく自然なことだったと、やっぱり思う。

もちろんそうできたのは私の場合はいろんな恵まれた環境が重なってのことだったけれど、本来やっぱり、小さな子供を預ける園は「どこでもいい」わけがないし、ましてや「どこにも入れない」なんていうのはおかしい。と、私は思います。この状況は早く変わっていくといいなと思う。「どこでもいいから入れるだけそれでいい。」って、それは実はすごく不自然だと思うから。(そして私の実感では、私が初めて子供を預けた6年前よりは格段に良くなっている気がしています。声を挙げる人も多くなってきたから。)

「働くこと」と「子育てをすること」を自然に

そういったわけで、ここにしたい、と思えた園なだけあって、次に入った園も本当に本当に、素晴らしい園でした。先生たちから学ぶことが、山ほどあった。そうそう、こういうこともあった。→ 保育園の発表会にて思ふ。

今の園に通うようになったのは、下の娘の育休明けのタイミングからで、2人を保育園に預けての仕事復帰というのは、これまた新ステージでした。それでもその時には、息子を初めて保育園に預ける時のような不安はもうなかった。

保育園がある生活を通じて、「働くこと」と、「子育てをすること」の両方をすることが、(決して「両立」してるわけではないのだけれど)私の中で自然なこととして受け止められるようになったような気がします。何を気負うわけでもなく、我慢するわけでもなく、諦めるわけでもなく、ただ自然に、やりたいことをやる。働きたいから働くし、もちろん子供がかわいいからその時間も大切にする。決して独身の頃のように「バリバリ働く!!」といったわけではないけれど、ただ自然に「目の前にあることをこなしていく」ということを、楽しめるようになった気がします。それはまちがいなく、保育園の存在があったから。そこで、息子がたくさんの人の愛情をひたすら浴びているという実感があったから。

どんなことだって、何もかも100%のことやモノなんてまず一つもない。100%完璧な人なんていないのと同じ。弱いところだってもちろんある。だから、100%の保育園だってないかもしれない。でも私もオットも息子も、今まで通った園が本当に本当に大好きです。ただそう思えることが、きっとみんなにとっての宝物なのだと思う。多分なんだって、「これだ」と思えたら、それを信じることも大切なんだな。このかけがえのない日々がきっと、息子にとっても私にとっても、後から大きな励みになるよう気がする。

私は母を亡くしていて、実家は遠方で、とにかくサポートがない中での出産と子育てがすごく不安だったのだけれど、そういう不安を妊娠中に助産師さんに話した時に、「子育てって、両親とか、おじいちゃんおばあちゃんとだけしなきゃいけないものじゃないんですよ。たくさんの人で、友達とか、周りの人みんなで、ワイワイ育てていったらいいの。想像したら楽しそうでしょ?友達とかみんなで、ワイワイ育てていくイメージ、持っていてくださいね。」と、言ってもらったことがあった。その言葉にすごく救われたのだけれど、まさにそんなイメージで、息子をここまで育ててきたなあと思います。

私一人じゃない。私とオット二人じゃない。そうじゃなくて、友達とか、もちろん実家の家族とか、そして保育園の先生とか、今となっては息子自身の友達とか、とにかく周りの人みんなでワイワイと、息子をここまで育ててきたような気がする。そして息子は、その人たちの愛情を、本当にもうこれでもかってくらい存分に、浴びに浴びてきたと思う。子供にとって必要なのは、まずは愛情だ。何をおいても愛情だ。と、この6年間を通じてとにかく感じました。

そう思えたのはやっぱり、息子が素晴らしい園に、先生たちに、そして友達に出会えたからなんだろうなと思う。息子を通じた世界を見ながら、私もたくさんのことを学びました。きっと一人じゃ気付かなかったこと、見えていなかったものがたくさんあると思う。それに気づかせてくれた息子と、そして周りでワイワイと一緒に息子を育ててきてくれた、いろーーーーんな人たちに感謝して。

また4月からの新生活、家族で悩んだり迷ったりしながら決めた道、歩んで行きたいと思います。これからもみんなでワイワイ、息子を育てて行けますように。そしてたくさんの人たちが、楽しく仕事をしながら、あるいは好きなことをしながら、楽しく子育てができますように。

*ブログの感想、その他お問い合わせやご依頼などはこちらからお気軽にどうぞ!メールでお答えします。

ランリュックを知っていますか

クリームブリュレが好きすぎる。

どうしても書きたいランリュックのこと

できるだけ毎日書きたいなあと思いながらもちろん毎日は難しいわけですが、それでも書きたいなあと思ってメモしていることはいくつかあって、それだというのにそれらを全てすっ飛ばして真っ先に記しておきたくなったこちら。まずはこちらの記事を御覧ください。

あいつらがまた変なものを作ったようだ。宇治市観光PR動画っ!

そしてリンクにある動画を御覧ください。笑った、笑ってしまった、笑いすぎた、そうランリュックのくだり。

知ってますかランリュック。京都府南部出身の方ならご存知かと思いますが黄色いアレです、ランリュック。

昨今のランドセル事情ときたら本当にすさまじく、未就学児ならびに小学生を持つ親御さん以外の方にはにわかに信じられないかと思いますが、希望のランドセルを買うために2時間も3時間も並ぶのがザラ、というもんのすごい状況が、この前の6月頃話題になりました。(そうです、6月に買うんです、ランドセルを。年長の6月に。)

我が家も堂々とその騒動に巻き込まれ、いや2時間も3時間も並んではいませんが、とりあえず生まれて初めて開店と同時に百貨店に駆け込みました。HYKEのトレンチ買うときだってそんなことしてない。いやいまだかつてお店の開店に並んだことなど一度もない。そう、その初めてが、「ランドセルを買う」だったのである。これはすごい、すごいことだ。

いやランドセルを買うのにそんなに必死になるのもどうなのかと思いつつ、まあでもついついこだわりたくもなりつつ、まあやっぱりせっかくなら気に入ったやつが欲しいよなとも思い、しっかりランドセル商戦に巻き込まれたわけですが、その時に私は思ったのです。

てゆーかランリュックでいいやん。

そう、これです。ランリュック。この黄色と黒のコントラスト、堂々と光る校章、ついでに真ん中向かって右くらいにあるコアラかライオンかネコか何かわからへんけどとにかくこの丸いアイコン。これぞランリュック。

ランドセルよりランリュックが良い10の理由。うそです10もない。

開店と同時に百貨店に駆け込んで買っておいてなんですが、そもそも重い、ランドセルというものは。あれを背負って、しかも教科書とか荷物をいっぱい入れて、毎日通うなんて。信じられない。いや買っておいてなんですが。

しかも、高い。ランドセル。母さんのえらくいい靴一足買える。

その点、ランリュックは完璧である。軽い。荷物めっちゃ入る。そして安い。多分数千円。

もちろん、これを買うために商店街の洋品店に2時間も3時間も並ぶ必要はなく、開店と同時に駆け込む必要もなく、ただおばちゃんに「あーあんたんとこももう小学生なるんか。早いなあ。あんなちっちゃかったのになあ。」と言われながら数千円を払うだけである。いい。これでいい。

もちろん、入学式の写真は、おめかししたワンピースにこの黄色いランリュックを背負って桜の木の下でちょっと恥ずかしそうに立つのである。いい。それでいい。

いやほんともう、完璧である。ランリュックというのは。

私は子供の頃、ランドセルというのはなんかこうテレビの中とか遠い世界の話で、小学生というのは普通はみんなランリュックを背負うものだろうと思っていた。だいたい革の鞄を小学校に持っていくなんてありえないと思っていた。あと「中学生日記」で学校の帰りにマクド(らしきハンバーガーショップ)に寄り道するのとかもおとぎ話くらいの勢いに思っていた(学校から家までの間にマクドなんてなかった。)

それが全てだと思っていて、でも一方で、やっぱり都会のもの(ランドセルとかマクドとか)に憧れる気持ちも少しずつ出てきて、それはきっと、いつしか上京しよう、という決意につながっていったような気も、しなくもない。

と、思うとやはり今の自分はランリュックが育ててくれたと言っても過言ではない。やはりランリュックは偉大だ。小学生はみんなランリュックから始めるといいと思う。問題はやや、ほんの少しだけ、いやほんと、ちょびっとだけですけど、ださい、ということその一点です。

今もあるのかなランリュック。

という、どうしても何を差し置いても記しておきたかったとても大切なランリュックのお話。

*ブログの感想、その他お問い合わせやご依頼などはこちらからお気軽にどうぞ!メールでお答えします。

うれしいとスキップをするアラフォー(アラウンド4歳)から学ぶ

「絵に描いたような瞬間」によく出くわす

最近、むすめ(4月で4歳、つまりアラフォー)が、うれしいことがあるとスキップをする。

うれしいことというのはつまり、「今日の晩御飯は(母さんが疲れているので)サイゼリヤにしよう!」と言った時とか「おやつ一個ローソンで選んでいいよ。」と言った時とか「今日のお迎えちょっと早いよ(10分くらい・・・)」と言った時、ということである。

なにもシャネルのバッグを買ってあげるよとか宝くじ当たったよとか4月から君は部長だよとかそういうことを言われた時ではない。

しかしむすめは、大人から見ればえらくささやかであろう喜びを、本当に絵に描いたように、スキップに込めて全身で表してくれる。これを見ていて大人である私はつい笑ってしまう。だってうれしくてスキップする、なんて、まずもうしないから。漫画みたいだなと思って笑ってしまう。人はうれしいとスキップをするのか。と、改めて思う。なんだかちょっと滑稽で、そしてとてつもなくかわいい、うれしくて思わずスキップをする姿。

子どもたちを見ていると、こういう「絵に描いたような瞬間」というのに結構よく出くわす。「ティッシュペーパーを一枚ずつ全部出すいたずら」とか、よく見かけるけど我が子がそんなことをするなんてなぜか全く思っていなくて、ほんとにやった時は「これまじでやるの!!」と、妙に感動した。ほんとうに赤子はティッシュを一枚ずつ全部出すのか・・・!と。そしてその状況って、何かで絶対見たことがあったはずなのに、目の前で我が子がするとあほみたいにかわいい、なんでだろうか。

コントみたいにベタな面白さと、ベタなしあわせ。

たぶんなんだって、「ちょっとコントみたいな日常」というのは、なんだかおかしくてかわいいものなのかもしれない。昔、みんなで飲んでる時に、先輩が酔っ払って椅子に座ったまま寝落ちっていたのだけれど、なんかのはずみで笑った瞬間に椅子から落ちてそれがベタベタなコントみたいでおかしくてお腹がよじれるくらいにみんなで笑った。と、今書いていて思ったけれどこれは別に文字にすると何一つ面白くない。びっくりするくらいに面白くない。ゆえにこれは単にみんな酔っ払ってたから面白かっただけかもしれない。こういうときこの面白さは世界共通だきっとあの人だって笑うに違いないとか思っておそらく仕事中であろう同僚とかに電話とかしちゃったりとかしがちですけどほんとこれ最悪ですよね酔っ払ってる人の「面白い基準」ほどひどいものはないですよねほんとすみません反省します。

それは反省しますが、例えば吉本新喜劇ではみんなが椅子から転げ落ちるのがお決まりですが(最近見てないなあ吉本新喜劇・・・見たい・・・)それはやっぱりベタすぎるけれどもやっぱりおもしろい。初めて生で吉本新喜劇を見たときは、「本当に転げ落ちるのか!」と、これまた感動した。

なんだっけ、椅子から転げ落ちる話やっけ。椅子から転げ落ちた先輩は実は「仕事は楽しい方がいいでしょ」という名言を残した先輩と同一人物でこの人はやはりすごいという話やっけ。

いや、そうではなくて、ベタベタなコントとか漫画みたいなことが目の前で起こった時っていうのは、なんだか面白い。そしてなんかキュートで和む。やっぱりコントみたいに椅子から転げ落ちる人が目の前に表れるとものすごくおもろいのである。コントかよ!と、いうツッコミができる時ほど、日常でおもしろい瞬間はない。と、私は思う。というか、私はその瞬間がものすごく好きなのだ、きっと。

そしてふつーに過ごしていても、そういう瞬間というのは、実は結構たくさんある。何も椅子から転げ落ちなくても、その辺に山ほど転がっている。道端にうそみたいにバナナの皮が落ちていたりする。いやほんとに。

そして同時に、ベタベタなしあわせっぽい瞬間というのも、結構たくさんある。子どもが手をぎゅっとつないでくれたとか、「ママだーいすき!」って言ってくれたりとか「ママの作るちらし寿司がいちばんおいしい!」って言ってくれたりとか。いやこうして文字にするとベタすぎてうそっぽさまで出るけれども、子どもってほんとに、そういうベタベタで信じられないくらいストレートで、でもほんとに素直でうれしいことを、いとも簡単に表現してくれる。

なんというか、日常っていうのは、それくらいのテンションでいいなあと思う。何も奇をてらうことはなくて、ふつーのことが、とてもおかしくて、かわいくて、しあわせなのである。

SNSにあふれる「ステキな生活」に憧れるのも良い。それを目指すのだって良い。でも真四角に切り取られたその写真は、もちろんとてもとても長い一日の、そして人生の、ほんの一瞬の切り取りに過ぎない。それを、忘れちゃいけないなあと思う。その真四角の写真には切り取られていない、たくさんのふつーーーーーの、でもつい笑っちゃうような、すてきな瞬間が、人生には山ほどあるのだ。

うれしいことがあればスキップしちゃうような、それくらいの軽やかな気持ちで、毎日を過ごしてゆけるといいなと思う。うれしくてスキップする、というのは、SNSもインターネットもなかった時からきっと存在した世界共通の「ベタベタな行動」なのだから。

*ブログの感想、その他お問い合わせやご依頼などはこちらからお気軽にどうぞ!メールでお答えします。

子育ても仕事も楽しんでいいと思うという話。

進学準備がいろいろあり、今日は仕事を休んで息子とお出かけ。

子育てには波がある

銀座の高級クレープを初めて食べた。季節のクレープ。いちごのわらび餅とか入ってて大変美味しかった。なんか子供たちのどちらか一人とお出かけすると、妙に心が広くなり、高級アイスとか高級クレープとかつい二人で分けっこして食べがちになる。なぜ。夫と二人ならまず食べないというのに。なぜ。

それにしても、もうすぐ1年生だなんて信じられない。ついこの前生まれてきたばかりだと思っていたのに。ついこの前、保育園に預ける不安と戦ったばかりだと思っていたのに。生まれてきた時は、この子が小学生になるだなんて思いもしなかったのに。ずっと赤ちゃんでいるのかと思っていたのに。

こないだ保護者会があって、友達(ママ)が、「子育てって波があるなーとよく思っていて、最近すごく子供が落ち着いているな、自分も穏やかだなっていう時期と、ものすごく手がかかるな、自分もいっぱいいっぱいだなっていう時期が交互にくる。」と、言っていた。

それものすごくよく分かる。よく「反抗期」というけれど、とりあえずこのたった6年の間にも、何度も何度も波のように反抗期が訪れている気がする。「あーすんごいかわいいすんごい素直」という時期と、「何だうちの子めっちゃ不安定やなすぐ怒ってるな」っていう時期が、結構短いスパンで、1か月とか下手すると数週間単位で繰り返されながらここまで来た気がする。

ちなみに今は「ちょっと落ち着いてる期」のような気がしてるけど、つい先週くらいまでは「すぐ怒る不安定期」であったような気がする。

つい最近までは、この子供の一喜一憂というか、主に「憂」のところに自分も引っ張られて、相手が泣いてようが起こっていようがとにかくついイライラしていたのですが。いや、今だって泣いてると「泣くなもう。」と、心から思ったりしますが。いやもう母親だってそんな女神様じゃないのでイライラとかします、余裕で。

ただちょっと、その相手の感情に引っ張られて、こちらも感情的になるのを、ぐっとこらえられるようになってきた・・・ような・・・気が・・・少しだけしている。少しだけ。

とにかく鼻歌を歌ってスルーする

こらえると言っても、優しく諭すとかそんな女神様のようなことは当然できないのだけれど、思いっきりスルーすることにした。もう。ものっっっっすごい華麗なスルーを。

具体的には、子供が怒り狂っていようが泣きわめいていようが、こちらは鼻歌を歌うことにした。完全なるスルーである。

子供が怒り狂いながら泣き喚きながら文句を言ってきた際は、鼻歌交じりに返事をする。もう完全にやなやつな気はするけれども、鼻歌歌ってるとまあ向こうのペースに飲み込まれることはない。やはりペースに飲み込まれると負けである、何事も。何と戦ってるのかわからへんけど。そして何より、何となく母さんだけは楽しそうである。

そうやっていて気付いたことは、子供の切り替えっていうのは思った以上に早いのだなあということ。子供のイライラに、こちらもイライラで返すと、子供のイライラも長引いてしまうけれど、こっちが鼻歌歌ってると結構あっさり「ごめんね・・・」とか言ってくる。かわいいやつめ。もしくは怒ってたことを忘れて遊び始める。

これは兄妹喧嘩の時も同じで。二人のやりとりについイライラして口を挟みたくなるのだけれど、挟むと結構こじれませんか子供の喧嘩って。「大人として」ここはちゃんと言っておいた方が・・・とか思ったりもしていたけれど、まあ子供の喧嘩に「大人として」言えることなんて正直ほとんどない。

で、私が最近していることというと、鼻歌を歌うことである。もはや世の中のあらゆることは鼻歌で解決できるのではなかろうか。「もーいもーとちゃんやだ!!ぐわああん!!」「かーしーてー!っていったもん!!ぎゃーーーー!!」「・・・♪きみの中ーにあるーもーのーーー♪」「ママ聞いてよいもーとちゃんがあああ!!」「ちがうよむすこくんがあああ!!!」「♪きょりのなかーーーにあるーーーこーーーどーーうーー♪」「ママ聞いてる!!!!???」「ママ!!!!」「トゥ〜ルル〜(徹子の部屋)」

といった具合である。何も解決していない。

大人のしての責務は一切果たしていないが、子供達は呆れ果てて何となく喧嘩もやめる。ついでにちょっと私がふざけると笑ってしまったりする。笑ってしまったことに自分でキレてたりするけどそれこそ放っておく。

子育ても仕事も楽しくたっていいじゃないか。

大好きな先輩が昔、ダメッダメであった若き頃の私をよくかばってくれていて、何であんなことできたんですかって最近になって聞くと、「だって仕事は楽しくできた方がいいでしょ。」と、言っていた。いやほんと、そうだ、その通りだ。

どこかで「仕事ってしんどいものだ」という思いがあって、苦労とかしんどい思いとか、しなきゃいけないみたいになんかどこかでつい思いがちだったのだけれど、そんなことなくて、仕事だって楽しい方がいいに決まっている。「楽しい」と「楽(ラク)」は違うというだけで、楽しいことは良いパフォーマンスにつながるはずだ。

それはきっと、子育てだって同じ。家族を運営することだって同じ。楽しく過ごすことに越したことはない。「しつけ」しなきゃとか「大人として」きちんとしなきゃとか、どこかでつい思っていたけれど、子供達だってきっと、窮屈な雰囲気の中よりも、楽しい中での方が、できることも増えていくと思う。学ぶものも得るものも、楽しい方が結局は多いだろうと思う。

「子育てってしんどいものだ。」「苦労がつきものだ。」という思いは、何となく抱きがちなんじゃないかなあと思う。「仕事はしんどいものだ。仕事には苦労がつきものだ。」というのと同じで。でも、ほんとはそんなことないのかもしれない。別に仕事だって子育てだって、楽しくできればそれが一番だ。楽しんで悪いことなんてない。そんなこと言ったってしんどいものだ、と、言いたい気持ちはわかるけれど、そんな時は鼻歌歌ってしまばいい。放っておいたってもちろん、仕事も子育てもしんどいことというか大変なことは当然あるけれど、でも「苦労しなきゃいけない」わけじゃない。基本は、楽しんでやろう、というスタンスでいいはず。

だから、私は鼻歌歌って生きていきたいと思う。周りの人が、何と思おうと、お気楽でいいなあと言われようと、もっと苦労しなよと思われようと、しなくていい苦労なんてわざわざ買わないし、鼻歌で解決できることは鼻歌で乗り越えちゃいたい。「楽しむ」ことに、そしてしあわせになることに、恐れを持つ必要は全然ないんだ。

・・・と、4月からのあらゆる新生活に大きな不安を抱える自分に言い聞かせる2月末。トゥ〜ルル〜(徹子の部屋)

*ブログの感想、その他お問い合わせやご依頼などはこちらからお気軽にどうぞ!メールでお答えします。

子どもたちの歌を守っていけるように

先日、子供の保育園の発表会がありました。むすめはインフルにつき欠席でしたが(涙)、息子は保育園最後の発表会を、見事やり遂げて、母さんたちを号泣させてくれました。

泣かせようとしないコンテンツだから泣ける。

いや正確に言うと、パパ友が張り切りまくって一時間前に場所取りしていた最前列のど真ん中という席を、ここ座りなよ!と、ママ友がいとも簡単に座らせてくれるというおこぼれに預かり、なんせ最前列ど真ん中で鑑賞していた故、あまりおおっぴらに泣くのも憚られ、ぐすんぐすんと控えめに言っていた。ぐすん。

こういう、子供達の発表会というのが泣かせるのは、それが「泣かせよう」として作られたコンテンツじゃないというところも大きいな、と、思う。

だって手作り感満載、司会の新人の保育士さんはかみまくりで、2歳児クラスの発表はおおかみさんとこぶたさんの掛け合いが全く噛み合って入らず間延びしまくりで、サラリーマン風に言うと(そしてそれは大変に嫌いな言葉ではあるけれど)「仕切りが悪い!」と、言われそうなことの連続で、それでも子供達の一生懸命に歌を歌い、得意なことを披露し、おぼつかない合奏を必死にしている姿というのは、そしてそこから生み出された渾身の歌や音楽や舞台は、もう信じられないくらいとんでもないパワーに溢れていて、なんか初めて見た自治体のお偉いさんみたいなおじさんですらちょっとウルウルしていた。いやうそですそれは見てないけど、きっとあのおじさんだってウルウルしていたに違いない。知らんけど。

とにかく泣かせよう!と、いうコンテンツが昔からとても苦手で、数分間で感動を提供(強要)するテレビ番組とか、FBに流れてくるちょっといい話、系のシェアを見るとついテレビを消してスマホもほーり投げてしまう。あと、これは自分でもさすがにひねくれすぎだとは思うのだけれど、母の法事で、お寺さんが「いい話」を最後にしてくれる時ですら、「泣いてたまるか。」と、身構えてしまう。「雰囲気で泣くなんて絶対してたまるか。哀しいか哀しくないかは自分で決める。」と、なんならお葬式の時すら身構えてしまった結果、私はしばらく泣けなくてその後大変苦労した。

いや、だから、雰囲気に流されて泣くことは絶対に絶対にしたくないけれど、自分の感情に素直でいることは大切だということは、あの頃の私には伝えてあげたいと思うのだけれど・・・。

話がめちゃくちゃにそれましたが。

とにかく、それくらい私は感動の押し付けが苦手で身構えてしまう。だから万が一、保育園の発表会がそういう「はい、今ここ泣くとこ!」みたいな成り立ちをしていたらまあまず泣けなかったと思う。まあ子供にそんなことをさせた瞬間に絶対にそんな保育園辞めるけどうん。(しかし立ちはだかる保育園問題。選ぶ自由すらないというのは不健全ですねほんとに。)

もちろん発表会にそんな瞬間はなくて、手作りの感満載の流れの中で、もうただ、子供達が持つ素のパワーに圧倒されて、どこかの政治家よろしく「子どもは未来の希望だ・・・」と、心底思ってしまった。自分の子供の発表会だったからだというのももちろんあるのだけれど、でも全然違う歳のクラスの歌にすら泣いていた。

なんかもう、騒音が嫌だから保育園建設反対!とかいう人たちにはこの歌をまず聴いてほしいと思いながら聞いていた。子供はほんとに、いるだけで宝物だ。保育園建設反対!とか言うおじさんだって、ずっとずっと昔はそうやっているだけで宝物の存在として、大きな声で必死に歌うだけで、どこかの大人に未来の希望だ、と、思わせていたかもしれないのに。

未来の希望を全力で守ること

そして、これだけのパワーを持つ子供を、やっぱり大人は、みんなで守っていかなきゃいけないんだなと思う。月並みな言い方だけれど、子供は、社会で、みんなで、育てていくものだと思う。家族で育てることが困難なのであれば、たまたま生まれた家に育てられるだけの力を持った大人がいなかったのであれば、その子供は、大人がみんなで寄ってたかって守ってあげなきゃいけないと思う。大人の都合で奪われる小さな命が、絶対にあってはいけない。まずはこんな平和な国で、そんなことは絶対にあってはいけない。(もちろん世界中であってはいけない。)

家族の形はいろいろ。だから、子供が育つ環境だっていろいろ。でもそこには、いるだけですごいパワーを放つ子供の、その力をまっすぐに受け止めてあげる大人がいてあげなきゃいけない。その光にちゃんと気づいてあげて、目を向けてあげられる大人がいてあげなきゃいけない。それは、昔は子供だった大人の、役目だと思う。そしてそれは別に、血の繋がった親じゃなくてもいい。そんなものより大切な繋がりが、あると私は思う。

子供を、当たり前に守っていける社会であるように。大人である私は、たくさんたくさん考えていきたいなと改めて思う。子供達の歌を、子供達がおせっかいなおじさんやおばさんになる日まで、守っていけるように。

*ブログの感想、その他お問い合わせやご依頼などはこちらからお気軽にどうぞ!メールでお答えします。

むすめ3歳のお誕生日に。

むすめの誕生日・・・に、病児保育

先日、うちのかわいくてお笑い系(でも本人はプリンセスに憧れている)の娘が3歳のお誕生日を迎えました。

迎えたのでありますが。当日、なんとお兄ちゃんと二人揃って発熱。その日はパパも私も仕事を休めず、病児保育のお世話になりました。

いやもうね。お誕生日の当日に何もできずお熱のむすめを病児保育に預けて仕事に行く私って何なんだとちょっと泣きそうになりながら出社して、でも溜まった仕事がありすぎてバタバタと片付けて。

そしたら仕事場で回覧しているVERYが机にドンっと置かれました。相変わらずVERYの重いのなんの。

キラキラ輝く雑誌の世界観と、朝から病児保育のために慣れないお弁当をバタバタと作って雨の中タクシーで病児保育に駆け込んで診察してもらって手続きして自分の洋服なんて全く気をつかう余裕もなくほぼすっぴんで出社する私のこの差。(しかも我が子は誕生日。)

隣の後輩に、「見てこれはファンタジーだおとぎの国のお話だ。。。」と言うと、よくできた後輩が「ほら、先輩の好きな小島慶子さんのコラムここですから。はい、読んで。今月もいいこと言ってますから。」とわざわざ開いてくれる。なんてよくできた後輩。

なんというかダメな先輩でありダメな後輩である私には、常に素晴らしい先輩と素晴らしい後輩がついてくれるものですねいつもありがとうございます。。

桜の花びらが舞う帰り道

で、私の一番好きなページ小島慶子さんのコラムにまた励まされながらなんとかその日の仕事を終えて、ダッシュでお迎えに向かう途中。

空からひらりひらりと桜の花びらが舞ってきました。

いつの間にやら葉桜になっていた桜の木。今年はゆっくりお花見をする間もなくバタバタと過ぎていった。でもやっぱりこれくらいの桜がいちばん好きだ。田舎の、桜並木が続く川沿いの家に生まれ育ったので、いつも桜は近くにあったのだけれど、やっぱり幼い頃からひらりひらりと桜の花びらが散る時期がいつも好きだった。儚い美しさはなんだか人の心を打つ。

あーーー今年も、そして今日も、桜がきれいだ、むすめ氏おめでとう、ぐすん。とか思いながら、帰路を急ぐ。

で、お迎えに行ったらですね。もうかわいいかわいい我が子たちが満面の笑みで走ってきてくれる。(お熱ちょう高いのに元気だなおい。。。)

二人とも初めての病児保育室だったので、不安だったかなと思いながら、どうだった?と、聞くと、「おやつの時間にみんなでむすめちゃんのおいわいしたんだよー!ハッピーバースデーしたら、むすめちゃんがうれしそうに、ありがとうって言ってたよー!」と、息子が教えてくれました。

むすめもうれしそうに、ちょっと照れながら、おたんじょうびしたのー♡と言ってくれました。

二人とも、一緒に過ごせたことがなんだか嬉しかった様子。

病児保育の看護師さんたちも、今日はお誕生日だったんですね、おめでとうございます!お弁当に入っていたハッピーバースデーのピック、とっても喜んでましたよ!と、にこにこ言ってくださいました。

本当に気にしているのは、自分に下す評価

はーなんかもう。子育ても仕事も、一人じゃ絶対できひんな、こうしていろんな人たちに助けてもらって見守ってもらって、子供達もそして私自身も、少しずつ成長してゆくのだな、と改めて思いました。すごくうれしかった。子育てを支えてくれる周りの人たちや、家族や、そして子供達のたくましさを知ることができて、こんな日もいいな、と思えた。

大好きなドラマSATCで、好きな回の一つが、キャリーが本を出したときやったかな、本の批評が新聞に載るんやけど、それがなかなか辛辣な批判で、キャリーは傷つく、というストーリーがある。しかもそのあと、元カレエイダンがキャリーのあとに付き合った女の子が、キャリーのことを悪く言いふらしている、という噂を聞く。で、キャリーは、その悪口を言いふらしている女の子に実際に会って、あの内容は事実と違う、というようなことを面と向かって言うのです。(多分。めっちゃうろ覚えやけど。)

けど、その時にキャリーは気づくわけですね。本当に気にしているのは、他人の評価じゃなくて、自分が自分に下す評価だと。だから批判する相手に何を言っても、しっくりこない。結局は自分で認めてあげられるかどうかだ、と、いったようなストーリー。(いやほんと違うかも、ごめんなさい。)

大好きな娘のお誕生日に病児保育に預けて、ごちそうは一切準備できなくて、晩御飯はクッタクタの煮込みうどんで、お熱の子供達と一緒にすらいられなくて、キラキラした要素は皆無のお誕生日だったこと。申し訳なく思う気持ちももちろんいっぱいいっぱいあった。

だけど、ひらりひらりと舞う桜を見たとき、にこにこ笑う子供達と歩いてタクシーを拾いに向かう帰り道。こういうのもありだな、嫌いじゃないな、と、自分で思うことができた。

あれもこれもしてあげたかったのに、あれもこれもできなかったけれど、想定外の一日だったけれど、私は本当にすっぴんでひどいかっこをしているけれど、でも、たくさんの人の愛情に触れて、あたたかさを知って、なんかいい一日だったよな、と。

こういう仕事の仕方や、こんな毎日しか送れないけれど、それをとやかく言う人はもちろんいるかもしれないけれども、でも私はこれしかできないし、私はこれでいいよな、と。大切なのは自分自身がそう思えて、そして目の前の大切な人たちがにこにこしていることだな、と。

他人の目に映る自分ではなくて、自分の心が認めてあげられる自分

キラキラした情報があふれかえっているこの時代。そして、キラキラした情報の反動かのように、心ないバッシングやヘイトスピーチやベビーカー論争やなんのかんのでなんだか少し窮屈な時代。言いたいことも言えないこんな世の中じゃぽいずんな時代。

ついつい自分の価値観を見失いそうになるけれど、大切なのは他人の目に映る自分ではなくて、自分の心が認めてあげられる自分。そして目の前にいる、大切な人が笑っていてくれること。当たり前なんやけど、改めてそんなことを思った、むすめ3歳のお誕生日でありました。

むすめお誕生日おめでとう。私に大切なことをいつもたくさん思い出させてくれて、気づかせてくれて、ありがとう。私を二人のお母さんにしてくれてありがとう。生まれてきてくれて、ありがとう。ママができることはほんの少ししかないけれど、いつまでも、ママはあなたの一番の味方です。おっきくなったらむすめが欲しがっているバッグと靴とピアスとネックレスと指輪とお洋服あげるからねうん。。。(本当に、おっきくなったらこれちょーだい♡と、のたまう3歳児。こわい。)

子育ては小さなさよならの積み重ねだけれど。

あけましておめでとうございます。節目のごあいさつ、というのがなんだか清々しくてとても好きです。その割に毎年年賀状が遅くてすみません、関係者各位のみなさま♡

2016年プチ抱負

2016年、今年は「よりよい自分」である一年にしたいなと思います。とはいえ、神様仏様ではないので、完璧になんてぜったいに無理だし、それを目指して辛くなるくらいなら、どんどん肩の力は抜いてよい、というのがてきとう人間であるわたしのモットーではありますので、何かに縛られたりするわけではなく、あくまでも自由を大切にしつつ(自由というのはたぶん私の人生をかけたテーマである気がする。)しなやかにたおやかに、でも心がけとして、「よりよい自分」でありたいと思っています。

これまでは、母として妻として、もしくは友人として、先輩として、後輩として、よりよい自分であろうと心がけることが多かったけれど(そしてまったくよりよい母とか妻とか友人とか先輩とか後輩ではないんですけどすみません♡)、今年は少し視野を広く、社会にとっての「よりよい自分」であることは何か、つまり、自分が社会全体にとってできることは何なのか、ということを考え実行に移していけたらいいなと思っています。そんな大それたことじゃなくて、例えば私のSNSやブログを見て、少しほっとしてもらえたり、笑顔になってもらえたり、そういう輪が少しずつ広がってゆけばいいなと思っています。

そしてそのためにはもちろん、自分の身近な大切な人たちに対しても、できるだけ誠実に接していきたい。よりよいこと、とは、誠実であることにほど近い。誰かから見て「よりよく見える」わけではなくて、あくまでも自分の中で、よいことを積み重ねていく、そんなイメージ。そこから生まれるものがたくさんあるのだと信じています。

そんなこんなで2016年最初のブログは、2歳児むすめとのあれこれ。

むすめと二人でお出かけ(女子!)

先日のこと。オットと息子は博物館へいく!と、張り切っていたので、こちらは久々に2歳のむすめと二人きりでお出かけにいってまいりました。

IMG_0002

むすめのお洋服を見に行って、ラデュレでランチして、(スイーツも食べて)、母さんのウインドウショッピングにちょこっとおつきあいいただき(セリーヌのお姉さんたちが優しすぎて2歳児がくつろぎすぎていた)、みのりカフェでコーヒー買いつつ銀座テラスで走り回る。この日はベビーカーも持たずに銀座へ行ったので、なんだかほんとに女子(?)会のようでした。

「向かい合ってお茶」ができること

そして二人で、向かい合って座ってお茶しているときに、ふと思った。こうして向かい合って座ると、ぐんとお姉さんになったような気がするなーと。

IMG_0004

息子もちょうど同じくらいのとき、二人で京都の湯豆腐さんへ行って笑、二人で同じように向き合ってご飯を食べたのですが。向かい合って座ると、やたらと息子がお兄ちゃんになったような気がした。

離乳食が始まると膝の上で少し食べるようになって、おすわりが安定してくると隣に座って食べさせてあげられるようになって、そのうちにこちらが手助けしてあげつつ少し自分で食べられるようになって。

そして、いつしかこうして向かい合ってお茶ができるようになる。こうなると、子育てっていうのはぐいんと楽になる、ような気がする。

そしていつもこれくらいの頃っていうのは、とんでもなくかわいい。

子育てって、きっと少しずつ手を離していくことなんやろうと思うんやけど、それはやっぱり少しの切なさをいつも伴うもので、あーいつの間にか大きくなってしまったなあ、またひとつ、一人でできることができたなあ、という実感は、なんだか小さなさよならみたいに積もってゆく。

でも、そうして手を離してゆくことで、小さなさよならを積み重ねてゆくことで、きっと子供の目線が、少しずつ少しずつ、親である私に近づいてくるのかもしれない、と思う。

それはやっぱり何者にも代えがたい、素晴らしいことのような気がする。自分が生んだ子供が、自分の同志になっていくような。向かい合ってお茶をして、話ができるようになるというのは、その第一歩なのだと思います。

こうしていやいやき終盤も乗り越えたい

子育てはいつも、小さなせめぎあいの積み重ねだなあと思う。成長がうれしい一方で、手放すことのさみしさはつきまとう。一人の時間がほしいーと思いながら、いざ一人になると子供のことばかり考えてしまう。まったくもうなんでこんなにわがままなんだこっちの言うことが伝わらないんだ、と思って1日中叱りまくっても、夜に寝顔を見ているとなんてかわいいんだはーまた叱りすぎたと反省する。でもなんかその全てはきっと、手を離してゆくことの練習なんだろうな、と思う。お互いに。

最後の手を離したとき、この子たちの中で、今の日々が、そしてこれからの日々が、小さな宝物のようになって、心の奥の奥の方で、生きていくこと、決断していくことの、自信につながってゆけばいいなと思います。いつか私がいなくなっても、その記憶が残れば、それだけでいい。それだけがきっと、本当の意味での母親の仕事なんじゃないかなと、私は思います。

だから今は、向かい合ってお茶ができるようになったこの時間を大切に。いやいやき終盤も乗り越えていきたい所存でございます。。。例えトランブでハートのエース(むすめ的にいちばん「カワイイ」図柄)がもらえなかったからってブチ切れてなぜかテーブルの上に乗って号泣していたとしても。。。母さんは決してめげない。。。たぶん。。。

5歳男子とのクリスマスプレゼント攻防

大人が選んでほしいプレゼント

クリスマスが近づいてきました。

我が家には5歳男子と2歳女子がいますが、それはそれはプレゼントに悩んでおりました。特に5歳男子。

この時期必ず新聞に折り込まれるトイザらスのチラシを子どもたちに渡したところ、ここに載っているのが世のおもちゃのすべてだと思い込んだ子どもたちは、あれがいいとかこれがいいとか、夢を膨らませておりました。

0歳や1歳の時というのは、はっきり言って、ママ好みのオサレなプレゼントでも許されます。なんなら、自分が着せたい服をるんるんと選んでプレゼントしたっていいわけです。もはや自分のためと言える超合法的なお買い物ですね、その頃のクリスマスプレゼントというのは。

でも、5歳にもなってしまうとそうはいかない。あれこれ欲しいものが出てくるし、いらないものをあげようならきっと、クリスマスにがっかりした顔を見ることになってしまう。

なのであの手この手で欲しいものを聞き出します。が、加えて、こちらがあげたいものへ誘導するというかけひきも行われます。

一応こちらも大人としての分別があるわけです。そんなおもちゃに5000円も6000円も出したって長く遊べるわけないだろう、とか、その遊びから得るものや学ぶものは何もないだろう、とか。

あわよくば、5歳男子とはいえ、センスのいいものとか、なんか賢こそうなものとか、長く使えそうなものとか、私も欲しいものとか、なんならSNS映えしそうなものとか(現代的)、そういうものを選んでくれないかな、とかちょっと思うわけです。そっちへもっていけないかなと。良い落としどころはないものか。と。

しかし人生と5歳男子はそう甘くない。

うちの息子の場合は、トイザらスのチラシを見て、「トミカ メカアクション自動車工場」とやらが欲しいと言い出しました。(↓これ。)

トミカ メカアクション 自動車工場

で、でかい。。。しかも5歳でトミカ。。。もう長くは使えなさそうであまりオサレっぽくはなくかしこそうというわけでもなくもちろんSNS映えしそうというわけでもない。。。

我が家には、0歳の頃から集め続けたトミカが、もうほんと山のようにあります。世の多くの男児とお同じく、うちも車と電車が大好きだったので、ちょっとしたおみやげやごほうびに手軽に買えるトミカはあっというまにたまってゆきました。

でもそんなトミカも、ここのところサッカーと野球ブームのきている息子とは、ちょっと距離が出てきたように感じていました。そろそろ卒業なのかなーと、思っていたところ。

ということで、これは、まあチラシを見て一時的に欲しくなっただけだなと判断して、そっかーこれもかっこいいけど、あ、これはー?スターウォーズのレゴとか!!(それなりにオサレっぽくてまあかしこそうな典型的なやつ。個人調べ。)とか、いろいろと誘導を試みてみました。が、あんまり息子の心を掴んでくれるものはなく。何を出しても結局トミカの自動車工場に戻ってくる。まあ翌日になれば、気も変わるだろうと思い、翌日になってまた聞いてみると、それでも自動車工場がいいと言う。ということを数日繰り返しました。

ところが最後に「これ対象年齢3歳からやって!3歳用かなー!」と、いう、プライドの高い5歳男子を一番説得できそうな呪文をとなえたところ、案の定「うっ」ときたらしく、「やっぱり妖怪ウォッチにするー。。」と、言い出した。

よっしゃ勝った。(妖怪ウォッチは決してオサレっぽくてかしこっぽいわけではないが、トミカの自動車工場ほど場所もとらへんしまあしまいやすい。という許容範囲。)

でも「答え」を大人が用意しちゃダメだ、と気づかされる

と、思った、気がした、のですが。

なーんか、これでいいのかなー、というもやもやが消えない。

なんかこれってもしかして、クリスマス当日にプレゼントを見ても、喜びはするやろうけど、それって親の気持ちを汲んだ上での喜びなんではなかろーかと。

妙な罪悪感に苛まれた母さんは、トミカの自動車工場でも、妖怪ウォッチでもいいから、どっちがほんとうにほしいか、もうちょっと考えてごらん、という、おいどっちなんだよというようなことを言って、その日はおしまいにしました。

そしたら次の日に息子から、「ママー、やっぱりトミカの自動車工場がほしい。」と、なんか少し恥ずかしそうに言われました。そっかうん、わかったよというと、うれしそうに飛 び跳ねて、ちょっと久しぶりにトミカの道路を出してきて、えらい立派な街を作って、お気に入りのトミカを並べて楽しそうに遊んでた。それは、0歳や1歳の 頃とはまた違う、お兄ちゃんになった息子のトミカの遊び方でした。

なんかその姿がけなげでかわいくてちょっと母さんはじーんときたのです。

普段はいつもお兄ちゃんとしていっぱい我慢もして頑張ってる息子に、クリスマスくらいは、ほんとうに欲しいものあげればいいじゃないか、と思えました。クリスマスまで親の都合を押し付けてちゃいけない。普段母さんがオニババとして君臨してる分、クリスマスくらい夢いっぱいわがままいっぱいの日にしてあげたっていい。愛する友人の助言もあり、そんな風に思いました。

そして何よりも、息子自身が「ほんとうに欲しいもの」を自分でちゃんとわかって、それをきちんと伝えられることって、すごく大事なことじゃないか、と思ったのです。

5歳男子というのは、ほんとうにあほで単純な生き物ではありますが、少しずつ「空気を読む」ということを知ってきます。特に、親の喜怒哀楽にはある程度、敏感になってくる時期のような気がします。

するとなんとなーく、こっちが求めてる「答え」を、子どもが感じ取る気がするのです、クリスマスプレゼントのかけひき一つとっても。

これから長い人生で、相手の感情を知ること、特に痛みを知ること、というのはものすごく大切になってくる。相手の「痛い」は、たくさん感じられるようにならなきゃいけない。

そういう意味で、大人が持っているべき「答え」はたくさんあって、まだまだ導いてあげなきゃいけない局面もたくさんあると思います。相手の痛みを教えてゆくことも、その一つ。そこの見極めは、きちんと大人として、親として、していかなきゃいけない。

でも、だからと言って、相手の「答え」に合わせるようにはしちゃだめだ、と思うのです。その「答え」からは、長い目でみたら何も生まれないし、何の成長もない。お互いの「答え」を持ち寄って、つまりこちらの「答え」もきちんと示して、対話をして、そこからちゃんとまた新しい何かが生まれるはずやから。

まだ5歳の子どもを相手にしていると、「答え」はいつも大人である自分の中にあるはずだとこちらは思いがちになってしまう。

でも、そればかりじゃないはずだな、と思うのです。子ども自身が「答え」を持っていることももちろんあって、大人がそれを勝手に導いたりしちゃいけない場面が必ずある。それをちゃんと、見極めてあげよう、と、クリスマスプレゼント攻防戦を通じて感じました。きっと今だからこその、トミカの遊び方を、この5歳男子は編み出してくれる気がするのです。

基本的に日々ほんとーーーーうにのほほんとてきとうな子育てをしながら過ごしているわけですが、それでもときどきはっと色々気づかされたりするから、まったく子育てというのはあなどれないな、と、思います。

息子よいつもありがとう。母さんはトミカの自動車工場を探してくるよ、でかいけど。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。